WiMAXの通信速度が遅い原因は通信速度制限以外にもあった!

WiMAX、WiMAX2+の速度がなぜか遅くなってしまったなどということありませんか。

一番に考えられる原因は『速度制限』だと思います。しかし、速度制限以外にも速度が遅くなる原因が潜んでいるかもしれません。速度制限で一番に思いつくのが速度制限だと思います。で、この速度制限なのですが、大きく分けて3種類あります。①:月間利用量による制限。月間の利用量制限が設けられているプランであれば、WiMAXの通信データ量及び、au 4G LTE の利用料の合計が7GB以上超えた場合、月末までの通信速度が送受信最大128kbpsまで低下します(翌月1日に順次解除されます)。②:3日で3GB制限。月間のデータ利用量による速度制限が無いと言われている『ギガ放題』プランをご契約されている場合でも適用されてしまう制限がこの『3日で3GB』の制限です(au 4G LTEの通信量も含む)。この制限が掛かってしまった場合、制限が掛かった日の翌日に解除されます。ちなみに、3日間3GB制限に引っかかった場合の、通信速度は公表されていませんが、最大速度が~1Mbpsほどになると言われています。③:au 4G LTEによる速度制限。ハイスピードプラスエリアモードに切り替え可能機種(Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14/15、Speed Wi-Fi NEXT W01など)に限りますが、WiMAXの電波状況が悪い場合などにau 4G LTEの電波を利用して通信することができます(ハイスピードプラスエリアを利用した月は別途1
005円が掛かります)。このハイスピードプラスエリアモードで、au 4G LTEを利用すれば、WiMAXの電波状態が悪い場合でも安定したデータ通信を行なうことができますが、制限の対象になりかねません。まだWiMAX2+ではなく、WiMAXを利用していませんか。WiMAXは2015年3月頃から徐々に下り最大速度が低下し、今となっては下り最大速度が13.3Mbpsまで下がってしまっています。その分、WiMAX2+の速度がどんどん加速し、下り最大速度が220Mbpsに到達したのです。UQ WiMAXもWiMAXからWiMAX2+の切り替えを推奨しています。今ならお得に切り替えることができますので、まだWiMAX2+に切り替えていない人は、切り替えることをおススメします。WiMAX通信サービスエリアはどんどん拡大中です。しかし、逆に言うとまだ、サービスエリア外の場所も存在します。サービスエリア内だったとしても電波が不安定で、通信速度がとても遅いという場合もあります。このエリアを知るには事前にTry WiMAXを利用して確かめるか、UQ WiMAXのHPでエリア情報をチェックするくらいしか方法がありません。もし、エリアを調べずに契約してしまい、WiMAXの通信速度が遅い、または圏外である場合は、UQ WiMAXのHPよりエリア要望を行ないましょう。周囲にWiMAX、Wi-Fi電波を発するものが多く存在していませんか。Wi-Fi、WiMAX、一部の電化製品などから発せられる電波は、(Bluetoothも含む)多くの場合2.4GHz帯の周波数を使用しています。2.4GHz帯といっても十数チャンネルに分かれており、極力電波の干渉を避けられるようにはなっているのですが、場合によってはチャンネルがかぶってしまい(または、近いチャンネルで)、電波障害を引き起こす場合もあります。つまり、マンションなどの集合住宅、オフィスビル、公衆無線LAN(Wi-Fiスポット)設置個所、カフェ等だと、電波障害により通信速度が劇的に遅くなる場合があるということです。WiMAX通信端末(Wi-Fi端末)の取扱説明書にチャンネル変更方法が記載されているので、チャンネル設定を変更してみましょう。これで、通信速度が改善する場合もあります。また、2.4GHz帯ではなく、5GHz帯を使用するという手段もあります。5GHz帯を使用することで、2.4GHz帯の電波より高速で、周囲の電波障害を受けにくくなるため、安定した高速な通信を行なえるようになります。しかし、利用機器の中では5GHz帯に対応していないものもありますし、建物の壁や床などの障害物の影響を受けやすくなるので、屋内や、ビルに囲まれているような場所には不向きかもしれませんので、まずは2.4GHz帯のチャンネルを変更してみましょう。Wi-FiやWiMAXの通信方式は、木造の建築物に比べて、マンションなどの鉄筋コンクリートの建築物内では、電波が弱くなる場合があります。これは壁の厚みなどによって違いがあります。Wi-Fi、WiMAXの基地局が近くにあれば、それほど影響は受けないかもしれませんが、基地局から離れている場所のマンションでは壁などの影響により、通信速度が不安定になる場合があります。解決策としては、室内でWiMAXを利用する場合は窓際に端末を置くようにしましょう(なるべく高い位置が好ましい)。壁に比べて窓は電波を通しやすいので、端末が電波を受信しやすくなります。しかし、WiMAXの端末の電波受信レベルが安定したとしても、WiMAX端末から発信される電波をスマホなどの端末がうまく受信できないケースがあります。1ルームマンションだとあまり気にすることはありませんが、2部屋以上の鉄筋コンクリート住宅は部屋と部屋の間には壁がありますので、この壁によって電波が妨害されるケースもあります。たとえば、リビングに端末を置いている状況で、リビングでは快適にインターネットを利用できるのに、寝室に移動すると電波が弱くなるなんてことはよくある話です。これはWiMAXだけに限らず、固定回線のインターネット(光通信など)で、無線LANでWi-Fi接続している場合も同様です。こういった場合は、家の中心にWi-Fi中継器を設置することで改善されるでしょう。Wi-Fi中継器は割と安価で手に入れることができるので、すぐに試せると思います。意外と見落としがちなケースかもしれません。WiMAX端末には省電力モードというものがあるのはご存知でしょうか(端末によっては省電力設定が無い場合もあります)。この省電力モードを設定することにより、端末の消費電力を抑え、バッテリーを長持ちさせることが可能なのですが、通信状態を制御することで省電力を計るので通信速度が低下します。WiMAX端末の設定を確認し、省電力モードになっている場合は、ハイパフォーマンスモード(初期値)に設定し直しましょう。上記でご紹介した内容が全てとは限りません。もし、上記を全て試したものの改善されない場合は、各プロバイダに問い合わせてみましょう。
原発事故により一気に有名な地域です。避難生活などで、本当に大変な状況の方も確かに多くいます。一時期は、大変な方が多くいる反面に、景気はかなりい上向きになった時期もありました。震災前には、倒産する会社も多かったですが、建築関係の会社などは、一様に息を吹き返したなんて状況にありました。景気が良くなれば、働く人も増えて、街も賑わいを取り戻します。某市の繁華街では、夜も多くの人で賑わいをみせていました。しかし、震災から6年程度が経過し、その熱の収束しつつあるような気がします。景気がいい会社、悪い会社の差が顕著に出ています。これから、福島県はどのようになって行くのでしょうか。

 

http://xn--cck0a0c7a2mzbz469e.xyz/