角栓はムリに洗い落とす必要はない

洗顔はにきび予防の基本といわれています。にきびができる原因は毛穴に皮脂や汗による汚れが溜まってしまうことでできる角栓とされています。それを防ぐためには、毎日の洗顔でしっかりとそうした汚れを洗い流すことが大切とされています。

ただ、最近ではそうした角栓は必ずしも落とす必要はないという見方も出てきています。なぜなら、角栓というのは何もしなくとも肌のターンオーバー(サイクル)にそって自然に剥がれ落ちていっているとされています。それを無理やりとるようなことをすると、肌の上にある正常な角質まで一緒に剥がれとられていってしまうからです。

毛穴がずっと詰まりっぱなしになってしまうというのはお肌と毛穴の構造上あり得ないことですからね。にもかかわらずずっと毛穴(角栓)が詰まりっぱなしに見えてしまうのは、詰まった角質を取り除いてもまたすぐに違う角質によって角栓が出来てしまっているに過ぎないのです。

ゆえに毛穴の詰まりを改善するためには、まずその原因である角質の吹き出し状態をなんとかしなければなりません。何事も原因をなんとかしないと問題解決はムリですからね。角栓とは、傷んだ毛穴から出る代謝物であり、無理に取り除く必要はないんですね。まぁ、これらは考え方次第にもなってくる部分ですので、あまり気になる角栓の場合には、下記のような落とすことに特化した強めの洗顔料で洗い落とすことも考えたほうが良いかもしれませんね。
どろ豆乳石鹸くろあわわ