肌のために紫外線カット効果のある服装を

紫外線は肌の乾燥や、老化によくない影響を与えるため、紫外線カット済みの服を選ぶといいでしょう。

短時間の外出でも紫外線の影響は大きいですから、できるだけ日やけ止めクリームをつけるようにします。最近は、市販の日やけ止めクリームも種類が増えていますので、商品をきちんと吟味して選ぶことが大事です。

季節や日差しの強さ、または外出時間の長さなどの違いによっても、日焼け止めクリームを使い分ける必要があります。

紫外線カットの効果が長続きするものもありますが、汗などで流れてしまう場合は、こまめに日焼け止めクリームを塗るようにします。

紫外線から体を守るものは、日やけ止めクリームだけではありません。

UVカット加工が施されているサングラスや、帽子なども活用するといいでしょう。

つばの広い帽子をかぶって頭上からの紫外線を遮ったり、紫外線を通さないサングラスを使うことで、目を紫外線からガードできます。

目は、紫外線の作用で機能を損ないやすい場所なので、注意が必要です。

強烈な紫外線が降り注いでいるような日でなくても、サングラスをつけるなどして日よけを心がけるといいでしょう。

他にも紫外線カット効果のある帽子や衣服などを利用するのも良い方法です。

特に日焼けなどで肌ダメージが強く出やすい場合は、できるだけ素肌を出さないようにしましょう。LAVA店舗 武蔵小金井

強烈な紫外線が地表に降り注いでいるという日は、できるだけ紫外線を遮る服装をしましょう。