ニキビは保湿ケアで予防

ニキビの原因は、毛穴に皮脂や垢が詰まることにあります。

肌にはアクネ菌という細菌が住んでいるのですが、毛穴が詰まるとこのアクネ菌が出口を失い、毛穴の中で増殖することになります。

これにより肌が炎症を起こすと、ニキビができるわけです。

したがってニキビ予防には、毛穴を小さくすることが肝心と言えます。

毛穴が小さければ、その分皮脂も垢も詰まりにくくなるのです。

そしてそのためには、保湿ケアをすることが大事です。

というのも毛穴は、肌の乾燥を防ぐために皮脂を分泌することで開くからです。

つまり保湿ケアにより肌の乾燥を防いでいれば、毛穴からは皮脂は過剰には分泌されなくなりますし、それにより毛穴が開くことも防がれやすくなるわけです。

保湿ケアには、ヒアルロン酸やセラミドなどが配合された化粧水の使用が効果的とされています。

例えば、バジーフロンゲルクリームなどがそうですね。

これらはいずれも、肌から水分が抜けていくことを防ぐ成分なのです。

また化粧水の中には、炎症を抑えるグリチルリチン酸ジカリウムが配合されているものもあります。

これを使用すれば、ニキビができることを、よりしっかりと防ぐことが可能となります。